Tk`s dairy 運命のブログ


運命は決まっているそうです。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
運命好転の不思議現象99の謎 (二見文庫)
運命好転の不思議現象99の謎 (二見文庫) (JUGEMレビュー »)
森田 健
もりけんさんの研究内容が広範囲で書かれているので、初めて読む人にお薦めです。
RECOMMEND
生まれ変わりの村2
生まれ変わりの村2 (JUGEMレビュー »)
森田 健
購入しました。これから読みます。楽しみです。
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
オートウェイ
エディタ
edita.jp【エディタ】
バイク保険見積もり
ブログ




MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
もりけん本購入
JUGEMテーマ:気になる書籍
~TS3E04170001.JPG 

 森田健さんの新刊本をまとめて購入しました。

StarPeopleはスピリチュアル系の雑誌です。 このような雑誌があることは知りませんでしたが、もりけんさんの記事が載っているので買ってみました。 いろいろな人の考え方を比較してみようと思います。

3冊とも読むのはこれからですが、楽しみです。 読んだら感想などを書こうと思います。


あなたの今を理想の瞬間にする『究極の占い』とは?
自分で選んで生まれてきたのか否か?
 

 生まれた瞬間に決まっていることは、自分で選んだことなのか否か考えてみました。 生まれた時から決まっていることの中に、誰にでも気に入らない部分があると思います。 たとえば、俺はもっとイケメンに生まれたかったとか、私はもっと美人に生まれたかったとか(笑)。


これらのたとえは肉体に関してですが、その肉体を自分で選んだのか、勝手にこの体に生まれていたのかどちらなのでしょうか?


 自分で選んだのだとすると、その肉体がどんな赤ちゃんに生まれて、どんな大人に成長し、そして年老いて死んでいくところまで、全て分かった上で選ぶのでしょうか? 
そうだとしたら、気に入らないところとか、自分の欠点だと思っている部分も含めて自分で選んだんだから、それこそ自己責任ですから諦めるしかありません。 とはいうものの、選ぶ作業をしたのであれば選んだ理由があると思いますが、そこの部分は記憶がないので抜け落ちています。 なのでスッキリしません。


 いつの間にか勝手に生まれていたんだとすると、自己責任ではないので気は楽になりますがその反面、自分で選びたかったなと思ってしまいちょっと腹が立ちます。


 そんなことを考えていたら、選ぶという行為が本当に可能なのか疑問に思えてきました。 くじを引くみたいに適当に選ぶのであれば出来そうな気がしなくもないですが、自分で選んで生まれてくると言っている人達は、選んだ理由があるとも言っています。 
だとすると、先ほども書きましたが、肉体を選ぶにはその肉体がどう成長するのか分からなければ選びようがないと思いますが、本当にそこまで分かるのか疑問になりました。


運命は決まっていると言う観点からすると、分かるのかもしれませんが、そこまで分かった上で選んだのだとすると、生まれた後はすっかり忘れているはなぜでしょうか? 
「それじゃあ意味ないじゃん!」と思ってしまいます。


 そう考えると、選ぶ作業はなくていつの間にか生まれているといっている、中国の生まれ変わりの村の人々のほうが正しいのかもしれないと思いました。 

 
 昨日、阿部寛主演のドラマ、白い春を観ていて主人公の佐倉春男が、前科を背負って生きていかなければならないので、かわいそうとか、でもそれは自業自得だとか、ごく普通の感想を持ちながら観ていました。


でもよく考えてみたら運命が決まってるのなら、ドラマがノンフィクションだったとすると、佐倉春男が殺人事件を犯すことは決まっていたことになります。 そう考えると、犯罪事件すべてにいえることですが、被害者が気の毒なのは当たり前ですが、その犯人もある意味かわいそうだなと思ってしまいました。

 
 それに、選ぶ話に戻りますが、どんな人生を送るかも選んで生まれてきたとすると、佐倉春男は、犯罪者になることを選んだことになります。 でも普通の人はそんな人生を選ばないと思います。 やっぱり、選んで生まれてくると言う考え方が怪しく思えてきました。



運命を変えるフシギな力。しかも全員プレゼント!?
生まれた瞬間決まっていることについて
~TS3E0416.JPG

 前回は、生まれた瞬間に決まっていることを書き出してみましたが、その決まっていることは、いわゆるあの世にいるときに自分で選んで生まれてきたのだ、という話を聞いたことがあります。 確かスピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんもそんなことを言っていたような気がします。


でも、そんなこと言われても私は前世のこともあの世のことも憶えていないし、そもそも人は生まれ変わっているという考え方、輪廻転生というやつを、知識としてちょこっとだけ知っているだけで本当なのか自分では何も分かりません。


なので、自分で選んだと言われてもピンときません。 でも自分の悩みとか苦しいことなども自分で選んだのなら仕方がないので、そう思っていた方がいいのかな?と思ったりもします。 がやはり腑に落ちません。憶えていないので…。

 
 そのことに関して、生まれ変りの村,箸いλ椶任蓮△泙辰燭逆のことが書かれています。 その生まれ変わりの村とは、中国のとある地域でそこに前世の記憶がある人がたくさんいるそうです。 もりけんさんがそこに取材にいき、前世記憶がある人たちにインタビューをしてその証言をまとめた本です。


前世は何だったとか、あの世はどうだったとか、そういう証言が書かれていますが、その中で生まれる瞬間のことも書かれています。


それによると、あの世で選ぶ作業などなくて、いつの間にか生まれていると言う証言が共通しています。 
これが本当だとすると、あの世で選んで生まれてくるのか否か、完全に真っ二つに割れてしまいます。

 
 どちらが正しいのかは分かりませんが、私としてはいつの間にか生まれていたという方がしっくりきます。 何度もいいますが私は前世の記憶はないし、元々気が付いたら生まれていたという感覚だったからです。

生まれた瞬間に決まっていること
  運命が決まっていることを受け入れたとはいうものの、私自身が良く当たる占いで今後の人生を占ったわけではなく、これから何が起きるのかまったく知らないので、未来は白紙だと思っていた時と状況は何も変わっていません。


ただ考え方というか、視点が変わっただけです。


 もりけん本の運命は決まっているということが書かれた記事を初めて読んだ時は、なるほど、そういう考え方もあるのかって感じで、軽く受け流していました。

 
 しばらくしてだんだん”運命が決まっているってどういうこと?”という疑問がわいてきて頭から離れなくなりました。 それ以来いつも考えていますが、人が生まれた瞬間からすでに決まっていることって結構ありますよね。 それを書き出してみました。


性別、体、生年月日(時代)、姓名、両親、兄弟、親戚、家、生まれた国や地域などです。


性別は、男か女かどちらに生まれるかで、その後の人生はかなり決まってしまうと思います。 どちらでも正常に生まれれば良いですが、その間というのか性同一性障害をもって生まれてしまった人は、本人には何の責任もないのに生まれた瞬間に大きな悩みを背負わされてしまうのです。


体は、心身ともに健康に生まれれば良いですが、そうではなくて病や障害をもって生まれてくる人もいるわけで、この差はいったい何なのでしょうか?

健康な人の中でも、容姿とか才能とか個人差があるし…。


生年月日(時代)は、やはり生まれた時代に翻弄されることってありますよね。 
今現在2009年に30代の人(因みに私も30代です)は、社会に出るときは就職氷河期で、それでも何とかがんばってきて働き盛りの30代になったと思ったら、世界的な大不況で自己責任なんてものではないですよね。

占いでよく使われる情報は、生年月日ですが何故それで人生がわかるのでしょうか?


姓名の名は、両親が決めることですが、姓は生まれた家で元々決まっていますね。 
姓名判断という占いがあるということは、つけられた名前で決まることがあるんでしょうたぶん。


両親は、もちろん決まっていますが、これも大きいですよね。 やさしくて愛情たっぷりに子育てをしてくれる両親なら良いですが、そうではなくて自分の子に虐待をする親もいるので、そういう親元に生まれてしまった人は気の毒としかいいようがありません。


兄弟は、自分が兄や姉か、弟か妹か、一人っ子とか双子とか、いろいろなパターンがありますが、どのポジションにいるかで決まることがあると思います。


家と親戚は、生まれた家によって、家族以外の親戚関係も決まっています。


生まれた国や地域は、これも決まっています。 住む場所は変えられますが、たとえ海外に移住したとしても日本人は日本人だと思います。 日本という国に問題がないわけではないですが、でも他国と比べてみてやっぱり日本に生まれてよかったなと思います。

もし、お隣の北朝鮮に生まれていたらと想像したらゾッとします(笑)


 ざっと書いただけでも、こんなに生まれた瞬間に決まっているのです。 まだ他にも決まっていることはあると思います。 これでは、未来は白紙どころか、初めからいろいろなことが書き込まれていて、それをちょっとだけ手直ししたり書き加えることぐらいしかできないイメージになってしまいました。


こうして運命を考えてみると、人生の中で自分で自由に出来るところってあまりないなと思ってしまい、それで運命は決まっているという大胆な発想を受け入れられたんだと思いました。

運命を変えるフシギな力。しかも全員プレゼント!?
運命がきまっている理由
  もりけんさんの本に書かれている運命は決まっている理由ですが、それは良く(90%以上)当たる占いが存在するからだそうです。

その占いは、過去のことも的確に当てるし、未来のことも示された通りにことが起こっているらしいです。 
それでこれはもう”運命は決まっているとしかいいようがない”と思うようになったと書いています。


 私は以前から占いには興味があって結構利用もしてきました。 

有名な細木数子さんをこのブログで話題にしたこともありますが、はっきり言ってインターネットで出回っている日本の占いはあまり当たらないと思っていました。


でも当たらないことに不満があったわけではありません。 だって未来は白紙で、その白紙に人それぞれが、自分の人生を描いていくものだと教えられてきたし、自分でもそう思っていたからです。 白紙の未来に起こることを当てるのは、そもそも至難の業だと思うし、だから占いは未来をを予測しているにすぎないと思っていたので、はずれても仕方がないと思っていました。 天気予報だってはずれることがあるし(笑)


 もりけんさんは、いくつかの占いの研究をしていますがその中でメインでやっているのは、六爻占術という占いで、世に広めたいと思っているみたいす。 私もやってみたいとは思っていますが…。


運を良くする”という本↑に

六爻占術無料サービスが付いていて、それを使ってお試しでやってみてはいますが、占いの仕組みがわからないと、ちゃんと成立しているのかどうかもよくわかりません。

 不思議研究所で、六爻占術のテキストを作っていて、それを買えば本格的に勉強ができて自分でも占えるようになるみたいなので、すぐにでもやってみたいとは思うのですが、私がそれをやるのかどうか、やるのであればいつやるのかは決まっているんでしょうから、それまで待とうと思います。(←時空いや神、知っているなら教えて!)

★コインを使った占いで運命を変更出来る!?★